クラモア

調味料を個包装ですっきり収納!食品ロスをなくすコツ

更新日:2021.11.19

調味料を個包装ですっきり収納!食品ロスをなくすコツ

風邪の時にしか使わないお粥のゴマ塩、たまにしか使わないステーキのソース、いつの間にか沈殿して固まっているハチミツ、開封したら早めに使い切らないといけないドレッシングなど・・・、冷蔵庫や引き出しに保管して、気づいた時には『これいつ開けたっけ?』と捨ててしまいがちな“調味料”はありませんか?今回は、なかなか出番が回ってこない調味料を“個包装タイプ”に変える3つのメリットをご紹介します。

Index

  1. 賞味期限がわかりやすい

  2. 冷蔵庫や引き出しがすっきりする

  3. 開けたて新鮮なものを使える

  • 賞味期限が個別に印字されていないものは、収納ケースに貼っておく
  • 調味料ごとに分けて収納すれば残量が分かりやすく、二重買いの防止にもつながる
  • 個包装タイプは、いつでも開けたての新鮮な調味料を使える

賞味期限がわかりやすい

賞味期限がわかりやすい

@yumi___0227

一度開封することで賞味期限が早まるボトルタイプとは異なり、その都度使い切る個包装タイプは、賞味期限が早まることはありません。
大体のものは個別に賞味期限が印字されていますが、外袋にしか印字されてないものは袋から切り取り、収納ケースに貼っておくとわかりやすいです。

冷蔵庫や引き出しがすっきりする

冷蔵庫や引き出しがすっきりする

@yumi___0227

個包装タイプに変えると、ボトル調味料で溢れていた冷蔵庫や引き出しの中がすっきりします。
冷蔵庫を開けっ放しにしながら「どこに閉まったっけ?」と探すこともなくなり、画像のような収納ケースにそれぞれ調味料を分けて入れておくと残量がわかりやすいので、“二重買いの防止”にもなります。
開閉がシンプルかつ、モノトーン色(白や黒など)の収納ケースを使用すれば、簡単に取り出すことができ、調味料のカラフルな色合いを隠すことができます。

開けたて新鮮なものを使える

個包装タイプの一番のメリットは、なんと言っても“いつでも開けたての新鮮な調味料を使える”ということではないでしょうか。
ボトルタイプの「開封後はお早めに!」を気にすることなく、使いたい時に使いたい分だけ美味しくいただけるのは、個包装タイプならではだと思います。

個包装タイプのデメリットを挙げるとすれば、ボトルタイプよりも少々割高であるということです。しかし、食品ロスや冷蔵庫内のスッキリ収納を目指す方にとっては、メリットの方が大きいのではないでしょうか。

調味料を捨てることが多いなぁ・・・という方は、ぜひ個包装タイプを使ってみてくださいね。
 

クラモアROOM公認ライター

ひなたライフアンバサダー

子供や犬がいてもシンプルで暮らしやすい空間、散らからないお部屋作りをしています。

Instagram

@yumi___0227

あわせて読みたい

白で統一だけじゃない!スッキリとした冷蔵庫収納術

白で統一だけじゃない!スッキリとした冷蔵庫収納術

ちょっとの工夫で便利でキレイに整頓!優秀なアイテムを用いた整頓術をご紹介

ちょっとの工夫でキレイに整頓!優秀なアイテムを用いた整理整頓術をご紹介

部屋探しに重要なのは条件選び?快適に暮らせる部屋の探し方

部屋探しに重要なのは条件選び?快適に暮らせる部屋の探し方

この記事をシェアする

Search

住まいを探す

借りる

買う

Keywords

注目タグ

Category

カテゴリ

Life Scene

ライフシーン別記事

Keywords

注目タグ

住まい

住まい

住まいのお役立ち情報トップへ

暮らし

暮らし

暮らしのお役立ち情報トップへ

Ranking

人気記事

  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

Ranking

人気記事

週間
月間
  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

サービスに関するお問合せ

  • お部屋探しに役立つ情報はありますか?
  • 物件探し(不動産購入・売却)について役立つ情報はありますか?