【クラモア】もっと、わたしらしい暮らしを。- presented by STARTS

2DKで一人暮らしを送るために知っておきたいメリット・デメリット

更新日:2021.04.12

2DKで一人暮らしを送るために知っておきたいメリット・デメリット

一人暮らしの間取りといえば、ワンルームや1Kが一般的でしょう。しかし、「仕事部屋が欲しい」「余裕のある家がいい」という方には、2DKがおすすめです。2DKのメリット・デメリットや、節約方法について解説していきます。メリハリのある生活を送りましょう。

Index

  1. そもそも2DKの間取りとは?

    1. 2DKのメリット

    2. 2Kとの違い

    3. 2LDKとの違い

  2. 2DKの一人暮らしに向いている人は?

    1. 来客が多い

    2. 生活スペースを分けたい

    3. 物が多い

    4. 引っ越さなくても同棲・結婚しやすい

  3. 2DKのおすすめレイアウト

    1. ダイニング・リビング・寝室に分ける

    2. 仕事部屋を作る

    3. 収納部屋や趣味の部屋を作る

    4. 仕切りをなくしてワンフロアにしてみる

  4. 2DKのデメリットと注意点

    1. 家賃や光熱費が高くなる

    2. 部屋が広くて寂しくなる

    3. 掃除が大変になった

    4. 物が増えやすくなる

  5. 2DKでメリハリの生活を送ろう

  • 2DKは広くて安い物件もある
  • レイアウトを工夫して住みやすい家にしよう
  • 節約することで豊かな暮らしを実現しよう


 

一人暮らしをするのに「2DK」の間取りを検討したことはありますか? 一般的に二人暮らし用の間取りと言われていますが、実は一人暮らしにもおすすめの間取りとなっています。

現在テレワークなどが普及して、自宅で仕事する機会が増えてきています。2DKであれば、仕事部屋を作ることもできるので、集中して在宅ワークができるでしょう。今回は、2DKを有効活用するためのレイアウトや、メリット・デメリットもご紹介します。

そもそも2DKの間取りとは?

そもそも2DKの間取りとは?

2DKは、ダイニングキッチンと居間が二部屋ある間取りです。2DKは、1980年代に流行った間取りなので、古い物件が多い傾向にあります。そのため、部屋が二つあるにもかかわらず比較的安い賃料で住めるのが特徴です。
2DKや2LDKのような間取りの場合、キッチンのあるスペースが10畳未満であればダイニングキッチン(DK)、10畳以上の場合はリビングダイニングキッチン(LDK)と表記されます。

2dk

2DKのメリット

2DKで一人暮らしをする場合、部屋が多いことで生活スペースを分けてメリハリのある生活ができるだけでなく、来客があっても快適に過ごせるでしょう。家具の置き場にも困らないので、インテリアにこだわった部屋を作ることもできます。また、テレワークなどで使う部屋と分ければ集中力アップも期待できるでしょう。突然のオンラインミーティングでも、部屋を片付ける必要もなく落ち着いて参加できます。

2Kとの違い

2Kと2DKは、キッチンの広さが違います。2Kのキッチンは6畳未満のもので、食事をするのはいいかもしれませんが、くつろげるスペースにするのは厳しいでしょう。

また、2Kの部屋の配置は、キッチンから二つの部屋に行けるタイプか、片方の部屋を通らなければもう片方の部屋にたどり着けないタイプです。キッチンの配置によっては、使い勝手が悪くなる可能性があります。

2LDKとの違い

2LDKは2DKよりもリビングが広く、食事をするだけでなくくつろぐスペースとしても活躍するでしょう。ただし、比較的新しい物件が多く、家賃が高い傾向にあります。



 

2DKの一人暮らしに向いている人は?

2DKの一人暮らしに向いている人は?

一人暮らしの部屋にしては少し広めの2DKの間取りに向いているのは、どんな方なのでしょうか。一般的に二人暮らし用の間取りと言われているので、十分なスペースを確保できるのがメリットです。

来客が多い

近くに友人や家族が住んでいると、家に遊びに来る機会も多いかもしれません。2DKなら、お互いにプライベートスペースを確保したまま寝泊りもできます。また、ダイニングキッチンで団らんもできるので、コミュニケーションもほどよく取りやすいのがメリットです。

生活スペースを分けたい

新型コロナウイルスの影響で、テレワークといった在宅での仕事が増えている方もいるでしょう。しかし、自分の家だと「イマイチ集中できない……」と悩んでいる方もいるかもしれません。そのような悩みは2DKの間取りで解決しましょう。目的によって部屋を使い分けることで、オンオフの切り替えが自宅でもできるようになります。

「食事」「仕事」「寝る」といった、生活の目的によって場所を変えたい方におすすめです。メリハリのある生活を送りたい方にぴったりの間取りと言えます。

物が多い

一人暮らしをしているうちに物が増えすぎてしまったり、洋服がクローゼットに入らなくなってしまったりと、何かと荷物が多い方にもおすすめの間取りです。1Kや1DKよりも広いので、十分な収納スペースを確保できます。また、テレワークなどで増えた仕事グッズも、余裕で収納できるでしょう。

引っ越さなくても同棲・結婚しやすい

一人暮らし向けの部屋に住んでいると、同棲や結婚の際には引越しが必要になることも。金銭的にも時間的にも手間がかかってしまいます。しかし、二人暮らし用の間取りである2DKに住んでいれば、そのまま住み続けるという選択もできます。引越し費用や手間もかからないうえ、慣れ親しんだ部屋での生活を続けられるのもうれしいポイントでしょう。

2DKのおすすめレイアウト

2DKは、一人暮らしではスペースを持て余すこともあるかもしれません。せっかくならスペースを有効活用できるレイアウトを考えていきましょう。ここでは、2DKにおすすめのレイアウトをご紹介。自身のライフスタイルに合ったレイアウトの参考にしてみてください。

ダイニング・リビング・寝室に分ける

衣食住を分けることができるのが、2DKのメリットです。この3つを異なる部屋に設定することで、メリハリのある生活を送ることができます。キッチンとダイニングがセットになっていることがほとんどなので、食事に関係するものはここで完結させましょう。寝室を一番遠い部屋にすれば、料理や生ごみのニオイなどが寝室まで届くことはありません。

仕事部屋を作る

リモートワークなどで在宅作業が増えたのであれば、仕事用の部屋を作るのもよいでしょう。家ではなかなか仕事が手につかないという方でも、部屋を分けてしまえば仕事モードに切り替えやすくなるでしょう。その場合は、ダイニング・リビング・寝室のいずれかがなくなりますが、優先順位を決めて部屋の役割を決めていきましょう。

収納部屋や趣味の部屋を作る

物が多くてクローゼットや収納スペースに入りきらない場合には、部屋を一つクローゼットのように使うのも手です。洋服を収納して着替え用の部屋にすれば、そこで身支度を完結できます。

また、趣味を楽しむ部屋にするのもおすすめです。自分の好きなものに囲まれる部屋をつくることで、幸福度やモチベーションが上がるかもしれません。自宅で息抜きもできるので、外出を控える今の時世にもマッチするレイアウトと言えるでしょう。

仕切りをなくしてワンフロアにしてみる

二つの部屋をつなぐ仕切りをなくして、ワンフロアの広い部屋として使うのもおすすめです。部屋を行ったり来たりするのが面倒な方や、大きな家具を置きたい方におすすめのレイアウトです。部屋が広くなると開放感もあり、まとまりのある部屋に仕上げることができます。ただし、物件によっては仕切りを動かせないケースもあります。

2DKのデメリットと注意点

2DKのデメリットと注意点

広いスペースと贅沢な部屋割りができる2DKですが、デメリットもあります。メリットに比べてデメリットのほうが大きく感じるのであれば、2DK以外の間取りも視野に入れてみましょう。

家賃や光熱費が高くなる

1Kや1DKに比べて間取りが広い分、家賃も上がります。また、エアコンや電気などを使う機会も増えるので、光熱費も上がるでしょう。住まいが自由で余裕があっても、金銭的に苦しくなってしまっては意味がありません。以下では、節約のポイントをご紹介するので、ぜひ試してみてください。

2DKで電気代を節約する方法

電気代を節約するには、エアコンの使い方に気をつけてみましょう。

・自動運転にする
・設定温度は夏28度、冬20度
・電源のオン・オフを頻繁にしない

エアコンの自動運転は、節電できるように自動で操作してくれる便利な機能です。極端な設定にすると電気代に響くので、基本的には自動運転を多く活用していきましょう。また、頻繁な電源の切り替えにも注意。なるべくエアコンに負担をかけないような使い方を心がけましょう。

2DKでガス代を節約する方法

ガス代の節約には、風呂とガスコンロの使い方を工夫しましょう。

・湯船の量を少なめにする
・お湯の温度を上げすぎない
・お湯を沸かすときは必要な量だけ
・電子レンジを活用する

毎日お湯を溜めるとその分、ガス代がかかります。ガス代を抑えるためにシャワーで済ます方もいるかもしれませんが、毎日シャワーだと疲れが取れない可能性も。お湯を溜めるときや、シャワーを浴びる際は高すぎない温度設定にしてガス代を抑えましょう。

また、電子レンジをうまく活用するのも手。野菜など長時間茹でる必要があるものは、電子レンジを使いましょう。お湯を沸かす場合は、必要な量だけ入れるように意識してくださいね。

部屋が広くて寂しくなる

広い2DKに一人で住んでいると、人によっては寂しさを感じることも。ワンルームから急に広い部屋になると、落ち着かなく感じることもあるかもしれません。その場合は広いスペースを活かしたレイアウトを充実させてみましょう。おしゃれなインテリアを増やしたり、癒しグッズを置いたりするだけで部屋の雰囲気がグッと変わり、気分も上がるかもしれません。

掃除が大変になった

二つの部屋とキッチンスペースがある分、掃除も大変に。後回しにして掃除が苦痛にならないように、普段からきれいな部屋をキープできるよう心がけましょう。使ったものはすぐに元の位置に戻すなど、日頃から掃除しやすい環境をつくっておくことが重要です。習慣化してしまえば難しいことはありません。

物が増えやすくなる

スペースが広くなると置き場所に困ることが少なくなるため、荷物が増えていきがちです。大きなソファやテーブルなどが増えると一気に部屋が狭く感じる要因になるため、家具類は最低限に抑えましょう。また、何か一つ買ったら何かを一つ捨てるというように、ルールを決めるのもおすすめです。

2DKでメリハリの生活を送ろう

2DKは少し昔に流行った間取りとあって、比較的安い賃料で住めるのがポイントです。新型コロナウイルスの影響で、テレワークなどの在宅ワークが増えている方もいるでしょう。家では集中できないという場合も、2DKなら生活スペースを分けられるため、メリハリのある生活を送れるでしょう。



 


 

あわせて読みたい

1LDKの暮らしに向いているのはどんな人?1DK・2DKの生活スタイルとも比較

1LDKの暮らしに向いているのはどんな人?1DK・2DKの生活スタイルとも比較

独身でマンションを購入するメリットと後悔しないためのポイントを紹介

独身でマンションを購入するメリットと後悔しないためのポイントを紹介

我が家がもっと好きになる!狭い間取りを広くすっきり見せる方法

我が家がもっと好きになる!狭い間取りを広くすっきり見せる方法

家族向け・一人暮らし別にみる引っ越しにかかる総額

家族向け・一人暮らし別にみる引っ越しにかかる総額

この記事をシェアする

Search

住まいを探す

借りる

買う

Keywords

注目タグ

Life Scene

ライフシーン別記事

Keywords

注目タグ

住まい

住まい

暮らし

暮らし

Ranking

人気記事

  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

Ranking

人気記事

週間
月間
  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

サービスに関するお問合せ

  • お部屋探しに役立つ情報はありますか?
  • 物件探し(不動産購入・売却)について役立つ情報はありますか?