【クラモア】もっと、わたしらしい暮らしを。- presented by STARTS

賃貸住宅でもおしゃれに暮らす!賃貸DIYやインテリアの楽しみ方

更新日:2022.05.11

賃貸住宅でもおしゃれに暮らす! 賃貸DIYやインテリアの楽しみ方

新年度がスタートし、新たな生活が少し落ち着いてくるこの時期は、新しいインテリアを取り入れたり模様替えをしたりと、部屋に対して気持ちが前向きになりやすい時期ですね。「狭い」「好きなインテリアにならない」など、ネガティブな感情を持たれがちな賃貸住宅ですが、賃貸住宅ならではの楽しみ方もあります。今回は、過去に私が実践したコーディネートの実例から、賃貸住宅ならではの楽しみ方をご紹介していきます。「賃貸だから……」とあきらめていた方の参考になったら幸いです。

Index

  1. 低めの家具でまとめて、広々空間を手に入れる

  2. シンプル過ぎる壁は、無機質な壁紙でDIY

  3. 引き締め効果のある黒を効かせて、メリハリをつける

  4. コンパクトでもおしゃれ度抜群な家電を選ぶ

  5. 家具は限りなくサイズダウンする

  6. DIYが可能な物件なら、ドアをアクセントカラーに

  • 重心を低くし、より壁部分が広く見えるインテリアにする
  • シールタイプのはがせる壁紙を活用する
  • 引き締め効果のある“黒”のポイント使いがおすすめ
  • 家電の検討にまず必要なのは“優先順位の決定”

低めの家具でまとめて、広々空間を手に入れる

低めの家具でまとめた部屋

@takimoto_manami

賃貸住宅で一番ネックに感じてしまうのは、十分な広さがなかなか取れないことです。
例えば、上の写真のような空間に背の高い家具がいくつも並んでしまった場合、家具による圧迫感で部屋はより狭く見えてしまいます。
床に座る生活が苦にならない方であれば、重心を低くし、より壁部分が広く見えるインテリアにするだけで、部屋が広く見えます。

シンプル過ぎる壁は、無機質な壁紙でDIY

シールタイプのはがせる壁紙を使った壁

@takimoto_manami

おしゃれなデザイナーズ物件もたくさんありますが、賃貸ではまだまだ少数派です。
特に問題はないけれど、どこか物足りない、そんな方におすすめしたいのが、シールタイプのはがせる壁紙を使ったイメージチェンジです。
モルタルや打ちっぱなしのコンクリート柄など、無機質な壁は木製家具との相性も抜群で、簡単におしゃれな部屋に早変わりします。

引き締め効果のある黒を効かせて、メリハリをつける

黒を効かせてメリハリをつけた部屋

@takimoto_manami

部屋にあれこれ置きたくないけれど、インパクトを持たせたいなら、黒を使ってみましょう。
壁と床のコントラストがつけやすく、メリハリのきいた、キリっとした印象になるのでおすすめです。
ただし、黒の多用は部屋に光が届きにくく、気分が滅入りやすくなる可能性もあるので要注意です。

コンパクトでもおしゃれ度抜群な家電を選ぶ

実用性があり、コンパクトでおしゃれな便利家電

@takimoto_manami

一軒家(一戸建て)と比べると、狭い印象の賃貸住宅のキッチン。
便利家電を並べると、ごちゃごちゃした印象になりがちです。

原因は家電で作業スペースがなくなってしまうことにあります。
この場合は、欲しい家電をリストアップして、優先度を確認してみます。
本当に必要な家電を決めたら、実用性がある上に、コンパクトでおしゃれ度抜群、そんな家電を探してみましょう。

家具は限りなくサイズダウンする

コンパクトな家具でまとめた部屋

@takimoto_manami

人気のラウンドテーブルも、ソファも、収納棚も置きたい。
そんな時には、それぞれの家具が可能な限りコンパクトになるよう探してみましょう。
実際に部屋に置いたイメージがわかるアプリを利用するのもおすすめです。

壁や床にマスキングテープで印をつけて可視化することで、家具がどのくらいの範囲を占領するかがわかります。椅子を引いた時にどれくらいの幅が必要か、搬入時に必要になる幅は大丈夫か、なども事前に確認しておきましょう。
上述したように、大きな家具を置くと部屋が狭い印象になってしまうだけでなく、使い勝手も悪くなります。事前に確認しておけば、このような失敗のない家具選びができますよ。

DIYが可能な物件なら、ドアをアクセントカラーに

ブルーグレーカラーにDIYしたドア

@takimoto_manami

近年増えてきているDIYがOKな賃貸住宅。
自分好みに部屋を変えられて、よりインテリアが楽しめそうです。

どこから始めようかなと思った時、壁や床にまずは目が行きますが、ドアも意外とおしゃれ度が変わってきます。真っ白な壁でも、ブルーグレーなどのカラーが入ることで、見え方がぐんと変わってきます。

賃貸住宅だから思うような部屋にならない、と諦めて暮らす時代は過去のもの。
コンパクトな賃貸住宅だからこそ、DIYにかかる時間も抑えられ、ほんの少しの変化でぐんとおしゃれ度が上がるなど、メリットがたくさんあります。
新しい年度の始まり、ぜひお部屋を楽しい空間にしてみてください。
 

オブザーバー兼公認ライター

瀧本真奈美

クラシング代表

収納歴35年の整理収納コンサルタント/住宅収納スペシャリスト
ZIP!、あさイチ他メディア出演多数
SNS総フォロワーは19万人を超えるインフルエンサー
サンキュ!プレミアアンバサダー他、多数アンバサダーとして活動中
書籍5冊を出版、最新刊は「自分に心地よい小さな暮らしごと」(主婦の友社)
家族と心地よく暮らす頑張らない収納+家事+インテリアを提案している。

Instagram

@takimoto_manami

あわせて読みたい

狭いお部屋&賃貸暮らしでもできる!ホテルライクな空間にする方法

狭いお部屋&賃貸暮らしでもできる!ホテルライクな空間にする方法

部屋探しに重要なのは条件選び?快適に暮らせる部屋の探し方

部屋探しに重要なのは条件選び?快適に暮らせる部屋の探し方

引っ越しに適した時期があるってホント?おすすめの時期をご紹介!

引っ越しに適した時期があるってホント?おすすめの時期をご紹介!

この記事をシェアする

Search

住まいを探す

借りる

買う

Keywords

注目タグ

Life Scene

ライフシーン別記事

Keywords

注目タグ

住まい

住まい

暮らし

暮らし

Ranking

人気記事

  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

Ranking

人気記事

週間
月間
  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

サービスに関するお問合せ

  • お部屋探しに役立つ情報はありますか?
  • 物件探し(不動産購入・売却)について役立つ情報はありますか?