【クラモア】もっと、わたしらしい暮らしを。- presented by STARTS

単身女性必見!大阪での一人暮らしにおすすめのエリア

更新日:2021.04.14

単身女性必見!大阪での一人暮らしにおすすめのエリア

大阪での一人暮らしを検討している女性にとって、どの地域が安全なのか、住みやすさや町の雰囲気など気になる点は多いことでしょう。単身女性の参考になる大阪の雰囲気や家賃相場、おすすめのエリアや一人暮らしの注意点などについて解説します。

Index

  1. 大阪は一人暮らしをする魅力が凝縮された街

    1. 主要エリアがコンパクトで往来がしやすい

    2. 人情味とユーモアにあふれた土地柄

    3. 世界的に見ても住みやすい大阪

  2. 大阪の家賃ってなんぼ?気になる相場とは

    1. 大阪の家賃相場は東京の6割程度

    2. 物価も安い!大阪暮らしでかかる生活費の相場

    3. 大阪で一人暮らしをした際の1ヶ月にかかる生活費は?

  3. 一人暮らしにおすすめ!大阪の厳選3エリア

    1. キタエリアの主要区「北区」

    2. 文字通りミナミエリアの中心地「中央区」

    3. 大阪のイメージが詰まったエリア「浪速区」

  4. 大阪で一人暮らしの女性が気をつけるべき点

    1. 防犯意識は高く持つ

    2. 治安のよいエリアを選ぶ際のポイントは?

  5. 単身女性の一人暮らしにぴったり!大阪の魅力

  • 大阪はエリアごとにさまざまな雰囲気が楽しめる
  • 物価が安く食費や生活費を節約できる
  • 女性の一人暮らしは防犯対策など注意すべきポイントを守ろう

進学や就職を機に、心機一転して大阪で一人暮らしを始める方もいることでしょう。しかし、初めて住むエリアがどんな場所なのかという期待も大きい反面、不安なことも多いはずです。

今回は大阪で女性が一人暮らしをする魅力や家賃の相場、気をつけるべき点ついて解説します。単身女性が暮らすのにおすすめのエリアについても併せてご紹介しますので、大阪での一人暮らしを検討する際にお役立てください。
 

大阪は一人暮らしをする魅力が凝縮された街

大阪は一人暮らしをする魅力が凝縮された街

関西の中心である京阪神大都市圏の中でも、一際大きな存在感を見せる街が大阪です。大阪で一人暮らしをすると、主に以下のメリットを感じられるでしょう。

主要エリアがコンパクトで往来がしやすい

大阪は東京と比較しても、主要エリアがコンパクトにまとまっています。そのため、エリアからエリアへの行き来がしやすいなど、利便性が高いのが特徴です。有名なエリアとして通称「キタ」と呼ばれる大阪駅周辺と「ミナミ」と呼ばれるなんば駅周辺がありますが、この2つのエリア間でも、移動にかかる時間は電車でわずか10分ほど。キタとミナミといってもそこまで南北に離れているわけではないため、自転車があれば電車を利用しなくても気軽に移動できます。

たとえば、表参道から池袋へ電車で移動する際に20分以上はかかることを考えると、大阪のコンパクトさがイメージしやすいでしょう。それぞれのエリア自体も凝縮されており、商業施設が駅周辺に集まっているため、移動時間を取られることが少ないのです。

人情味とユーモアにあふれた土地柄

東京で耳にするイメージに違わず、大阪の人たちは人情味とユーモアに溢れています。東京をニューヨーク、大阪をLAに例えられることもあるように、東京に比べると大阪は解放的で、細かいことは気にしないおおらかさのある人が多い傾向にあります。

商業で発達してきた歴史を持つだけあって、コミュニケーション能力の高い人が多く、非常に温かい雰囲気であふれている点も魅力の一つです。何気ない小さなお店を訪れても、そこにいる店員さんやお客さんと楽しい会話が成立します。

世界的に見ても住みやすい大阪

2019年に英誌エコノミストの調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が実施したリサーチによると、大阪はドイツのウィーン、オーストラリアのメルボルン、シドニーに次いで、世界でもっとも住みやすい街の第4位に選ばれています。先に挙げた移動のしやすさは通勤時間の短縮にも貢献するうえ、都会でありながら家賃、食費といった生活にかかる費用が東京より安く抑えられる点も魅力です。

そこに人の温かさや人懐っこさ、ユーモアなどがあふれているので、世界的に見て住みやすい印象を与えるのも、もっともだと言えるでしょう。

繁華街が集中している大阪市内であってもほとんどのエリアは治安がよく、市政もしっかりしています。損得に敏感で、喜怒哀楽がはっきりとしている大阪の人々に支持されるためには、公共民間の区別なく、しっかりと仕事をしなければなりません。働く人にとってもやりがいを感じやすく、それが世間に反映され、よりよい街作りにつながっている――大阪では、そんな循環が生まれやすいのかもしれません。

出典:EIU「Global Liveability Index」



 

大阪の家賃ってなんぼ?気になる相場とは

大阪の家賃ってなんぼ?気になる相場とは

移動の利便性やコンパクトさ、人情味など、さまざまな魅力を持つ大阪で一人暮らしをする際に、気になるのが家賃の相場です。大阪市内で一人暮らしをする場合、どのくらいの費用感になるのでしょう。

大阪の家賃相場は東京の6割程度

大阪の中心地は、JR西日本が運営する大阪環状線の内側にあるエリアと定義されることがあります。ほかにも都会的なエリアはありますが、大阪環状線の内側周辺は、ほかの地域に比べると家賃も高めです。

しかし、在京の人が引っ越してくる人なら、それでも「安い!」と感じることでしょう。たとえば、東京でもっとも家賃が高いエリアの一つといわれる港区周辺では、一人暮らしにふさわしい広さの物件でも、家賃相場は10万円を超えることが多いでしょう。これが大阪になると、環状線の内側エリアであっても、6万円ほどで住めます。

大阪の主要エリアで10万円以上の家賃を出せるなら、一人暮らしで2LDK以上の物件の契約も可能です。築年数や間取りによっても異なりますが、大阪の家賃相場は、およそ東京の6割程度であると考えてもよいでしょう。

物価も安い!大阪暮らしでかかる生活費の相場

家賃が安くても、物価が高いと生活費に影響が出てしまいます。しかし、大阪は東京に比べると物価が安い点も魅力の一つです。総務省が平成28年に発表したデータによると、大阪の物価は総合で100.3でした。東京の104や埼玉県の101.7よりは低いものの、千葉県の99.8よりは高く、そこまで物価は安くないように見えます。ところが、一人暮らしの生活費に大きな影響を及ぼす食費や住居費に絞ると、大阪は埼玉県や千葉県よりも安いのです。

大阪では教育費が全国的に高めの水準であり、これが総合的な物価の高さを引き上げる要因となっています。つまり、一人暮らしでかかる生活費だけを見れば、東京や周辺地域に暮らすよりもお得に住めるということです。

実際に大阪で買い物や食事をしてみれば、全体的に東京よりもリーズナブルであると実感できるでしょう。とくに外食にかかる費用は安さを感じやすいポイントです。一人暮らしで仕事が忙しければ、自炊に疲れることも少なくないもの。安くておいしい食事が確保される点は、大阪暮らしのうれしいメリットではないでしょうか。

出典:総務省「小売物価統計調査(構造編)」

大阪で一人暮らしをした際の1ヶ月にかかる生活費は?

大阪で女性が一人暮らしを始めた場合に、1ヶ月にかかる具体的な生活費の例を以下でご紹介します。生活スタイルや被服にどの程度お金をかけるかによっても違いますが、およその目安にしてみてください。

【家賃6万円のワンルームに入居した場合の生活費】
食費:3万5,000円
水道光熱費:1万円
通信費:5,000円
交際費:2万円
日用品などの雑費:5,000円
被服・娯楽代:1万5,000円
計:15万円

厚生労働省が2019年に発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」では、大阪の20代女性の平均月収はおよそ24~26万円です。すると手取りは20万円ほどなので、1ヶ月にかかる生活費を15万円で抑えられれば、月に5万円程度も余裕を持って暮らせる計算になるでしょう。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」

一人暮らしにおすすめ!大阪の厳選3エリア

ひと口に大阪と言っても、市内か府内かなど、選択するエリアによって雰囲気も家賃相場も変わるでしょう。とくにまったく土地勘のない場合は、どのエリアが住みやすいかの見当もつかないはずです。そんな大阪に住むのが初めてな方に向けて、女性の一人暮らしにおすすめのエリアを3つご紹介します。

キタエリアの主要区「北区」

大阪市北区は、大阪駅や梅田駅など、いわゆる「キタ」と呼ばれるエリアの主要な部分を占める区です。大型の商業施設だけでなく、大阪駅周辺には数多くの大手企業の本支社もあり、遊びと通勤の両方に便利な場所でもあります。

大阪や梅田周辺は家賃も高く、人通りも多いため、よほど予算に余裕がない限り、あまり住環境としてはおすすめできません。しかし、北区の中でもさらに北部の天神橋筋六丁目駅周辺なら住環境も整っています。JR沿線なら天満市場に近い天満駅周辺もおすすめ。日本一の長さを誇る商店街「天神橋筋商店街」や天満市場も近く、家賃がカバーできるほど食費を抑えられる点が魅力です。

大阪メトロ沿線なら中津や中崎町など、梅田より東側に位置するエリアも住宅街が広がっています。個性的なカフェや雑貨店も点在していて、楽しく生活できるでしょう。上記の駅周辺は、いずれも大阪や梅田から徒歩圏内で、交通のアクセスもよく非常に便利なエリアです。
 

文字通りミナミエリアの中心地「中央区」

大阪市中央区は、文字通り大阪市のほぼ中央に位置する区で、心斎橋やなんばなど「ミナミ」と呼ばれるエリアの主要区でもあります。北区がスタイリッシュでビジネスパーソンの多い大人の雰囲気があるエリアなのに対して、中央区はより大阪の雰囲気が感じられる地域です。訪れる年齢層も北区より少し若く、エネルギッシュで個性的なファッションの人々が集まるところでもあります。

北区と同様に、中央区も心斎橋やなんば周辺は家賃も高めで人の往来も多いため、少し離れた場所がおすすめです。ただし、北区に比べると、中央区は全体的に家賃や物価の差が少なく、どこも高めの傾向となっています。それでも、ビジネスエリアである淀屋橋駅や北浜周辺、官公庁の集まる谷町四丁目のエリアは静かで落ち着いた印象があり、中央区の中でも住むのに適した環境であると言えるでしょう。

とくに淀屋橋や北浜周辺は大阪メトロに加えて、京阪電車も乗り入れているため、アクセスがよい点も魅力です。上記で挙げた駅周辺は、いずれも人通りの多い中央区の中でも治安がよく、女性でも安心して一人暮らしできます。
 

大阪のイメージが詰まったエリア「浪速区」

大阪市浪速区は、通天閣のある新今宮や大国町、なんばの一部を含むもっとも大阪らしさを感じる区の一つです。少し賑やか過ぎるきらいはあるものの、JRはもちろん大阪メトロや南海線も利用できるため、大阪市内でも抜群のアクセスのよさを誇っています。新今宮や大国町周辺は家賃も比較的安い物件が多いため、ディープな大阪ライフを楽しみたい人にはおすすめのエリアです。

キタとミナミに加え、もう一つの主要エリアである天王寺に近い点も魅力の一つ。少し足を伸ばせば、ハルカスやミオといった大型の商業施設で、おしゃれな雰囲気が楽しめます。

このほかにも、ベイエリアに近い港区や都会と自然が調和した西区など、おすすめのエリアはたくさんあります。家賃を重視するか、アクセスのよさや静かさを重視するかによって、最適なエリアは異なるため、住宅選びで迷ったら不動産会社の担当者に相談してみるとよいでしょう。
 

大阪で一人暮らしの女性が気をつけるべき点

大阪で一人暮らしの女性が気をつけるべき点

さまざまな魅力がある大都市大阪での一人暮らしは、何かと楽しいことが多いでしょう。しかし、多くの人が集うエリアなだけに、気をつけたい点もあります。以下の点を参考に、安全で安心な大阪暮らしを実現しましょう。

防犯意識は高く持つ

大阪はコンパクトな地方都市とはいえ、東京と同様に防犯意識は高く持つ必要があります。実際に警察庁が2020年に発表した「令和2年警察白書 統計資料」でも、大阪の犯罪発生件数は東京に次いで第2位でした。

そのため、鍵をかけずに出かけたり、深夜に無防備に一人歩きしたりといった行動は控えましょう。ベランダや窓の戸締まりにも注意し、不審な人物が訪ねてきても簡単にドアを開けないといった用心も重要です。少しでも安心して暮らしたいなら、極力治安のよいエリアを選ぶことが大切です。

出典:警視庁「令和2年警察白書 統計資料」

治安のよいエリアを選ぶ際のポイントは?

「治安のよいエリア」と言われても何を基準に考えればよいかわからない人もいるでしょう。その場合は下記でご紹介する項目をまずは参考にしてみてください。治安のよいエリアを選ぶ際のポイントをご紹介します。

高齢者や子どもの姿をよく見かける

住宅周辺で高齢者や子どもの姿をよく見かけるエリアは、比較的治安がよいと判断できます。高齢者が快適に暮らせるだけの治安が整っており、子どもが多い地域では学校も近いため、警察の巡回や保護者のパトロールなどがしっかりとしており、周辺に住む人にとっても安全が確保されやすいからです。

大阪を地元として長く住んでいる人が、子育てや老後の住まいとして選ぶエリアとも言えます。お年寄りや小さい子どもが多くいる地域かどうかは、安心して住めるかどうかの一つの目安にできるでしょう。

町が美しく、ゴミや落書きが少ない

壁などに落書きが少なく、道に落ちているゴミが少ないことも、治安のよさを測れます。周辺に暮らす人の手で町が美しく保たれており、よい環境を維持しようという努力がなければ、美しい町作りはかないにくいもの。「パッと見た印象に危険な香りを感じにくい」といった直観は、意外と侮れない場合もあるのです。

住宅の駐輪場に停められた自転車やバイクが整列している、ゴミの日が守られているといった点に注目してみましょう。

掲示板などの張り紙が新しい

掲示板に貼られたお知らせや広告などが新しく、頻繁に変えられている場合は、地域の交流やコミュニティが活発であることを意味します。地域の交流や自治体の活動が盛んなところでは、自主的な警備や見守りが行われるなど、環境整備への意識が高い人が集まっているという推測も可能です。

可能であれば、地域のイベントなどにも積極的に参加して、周辺の人とのつながりを作れるとさらに生活が楽しくなるかもしれません。

大阪が地元の知人や不動産会社へ相談する

大阪暮らしで困ったことは、大阪が地元の人や大阪のエリアを担当している不動産会社へ相談するのが一番です。どの地域が安全で、どの地域が新しく住み始めるのに適しているかなど、大阪市内で長く暮らしている人であればあるほど、細かい場所まで詳しく教えてもらえる可能性が高いでしょう。

不動産会社の担当者も、満足して長く住み続けてもらうため、契約前に納得できる情報をできる限り教えてくれるはずです。自分だけでは判断に困ったら、詳しい人に頼ってみることは、住宅選びに限らず重要になります

単身女性の一人暮らしにぴったり!大阪の魅力

コンパクトで移動がしやすく、エネルギッシュで人情溢れる町の大阪。文化や街並みなども含めて、すべてが面白い世界が待っています。都会ながら食費などの物価も安く、大阪での一人暮らしは非常に魅力的で、人生においても有意義な経験が積めるはずです。

ただし、大阪ライフを少しでもよくするためには、事前のリサーチを強化したうえで、真剣に物件選びをすることが重要になります。一人暮らしをするうえでの防犯対策に気をつけつつ、楽しい大阪ライフを満喫してください。
 


 


 


 


 

あわせて読みたい

【初めての一人暮らし】引っ越しの前に、「必要なものリスト」を作ろう!

女性で一人暮らしするなら知っておきたい防犯対策。どんな方法がある?

女性で一人暮らしするなら知っておきたい防犯対策。どんな方法がある?

引っ越しに向けてやることは?一人暮らし開始までの流れをシミュレーション

引っ越しに向けてやることは?一人暮らし開始までの流れをシミュレーション

我が家がもっと好きになる!狭い間取りを広くすっきり見せる方法

我が家がもっと好きになる!狭い間取りを広くすっきり見せる方法

この記事をシェアする

住まいを探す

注目のタグから記事を選ぶ

注目のタグから記事を選ぶ

住まい

住まい

暮らし

暮らし

人気記事

  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

人気記事

週間
月間
  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

サービスに関するお問合せ

  • お部屋探しに役立つ情報はありますか?
  • 物件探し(不動産購入・売却)について役立つ情報はありますか?