【クラモア】もっと、わたしらしい暮らしを。- presented by STARTS

不動産一括査定のデメリットと対処法!後悔しない一括査定サイトの選び方

更新日:2022.11.17

不動産一括査定のデメリットと対処法!後悔しない一括査定サイトの選び方

不動産の一括査定は、一戸建て(一軒家)やマンションなどを売却したい人にとって、手軽に複数の不動産会社に査定をお願いできる便利なサービスです。完全無料のため多くの人が利用しているサービスですが、良い点だけではなくデメリットもあるのではと思うこともありますよね。実際にデメリットはあります。本記事では不動産一括査定の4つのデメリットについて詳しく解説します。

  • 不動産一括査定のデメリットは大きく4つある
  • デメリットに適切に対処できると効果的に不動産売却活動ができる
  • 自分にあった不動産一括査定サイトを選ぶことが重要

もくじ

  1. 不動産一括査定の4つのデメリットと対処法

    1. 【デメリット1】複数の不動産から営業電話が殺到する

    2. 【デメリット2】査定額が正しく出ない場合もある

    3. 【デメリット3】田舎の物件は査定してもらえない場合が多い

    4. 【デメリット4】仲介会社は探せるが買取会社を選ぶのが難しい

  2. 不動産一括査定のデメリットに適切に対処すると多くのメリットを得られる

    1. 不動産売却を任せられる不動産会社を手軽に探せる

    2. 不動産会社ごとに変動する売却相場を比較できる

    3. 専門家が売却の相談を受けてくれる場合もある

  3. デメリットに対処して自分にあった不動産一括査定サイトを選ぶのが重要

  4. 自分にあった不動産一括査定サイトを選ぶ際にチェックしたいポイント

    1. 対応しているエリアの対応範囲

    2. 提携している不動産会社の数

    3. 活用できるサポート体制

    4. 実際に一括査定サイトを利用した人の口コミ

  5. 一括査定サイトの利用に迷うなら不動産会社ごとに査定を依頼しよう

  6. 安心して不動産の売却査定をするなら「ピタットハウス」がおすすめ

    1. 多彩な不動産売却メニューで不動産売却の可能性を広げられる

    2. 全国ネットワークの集客力で確実に不動産を売却できる

    3. 売却後のトラブルを回避できる保証制度「住まいあんしんプラス」

  7. まとめ



 

不動産一括査定の4つのデメリットと対処法

不動産一括査定の4つのデメリットと対処法

不動産一括査定を検討するうえで知っておくべきデメリットは以下の4つです。

  • 不動産一括査定のデメリット4つ

  • 複数の不動産会社から資料送付や電話連絡が殺到する
  • 査定額が正しく出ない場合もある
  • 田舎の物件は査定してもらえない場合が多い
  • 仲介会社は探せるが買取会社を探すのが難しい

ここでは、4つのデメリットそれぞれを詳しく説明するとともに対処法も併せてご紹介します。

【デメリット1】複数の不動産から営業電話が殺到する

一括査定を利用すると、複数の不動産会社からの査定に関する連絡や営業電話が増えてしまいます。たとえば「より具体的な査定額を出すために、お話を聞かせてください」「査定してから日数が経ちましたが、売却状況に進展はありましたか」「一度、ご自宅を訪問してお話しさせていただけますか」というような、営業電話がしつこくかかってくるケースが多いのです。

そのため、査定依頼を出した翌日から電話が鳴り止まないと困っている人も少なくありません。もちろん、不動産会社は悪意を持って営業電話をしているわけではないのです。不動産会社が営業電話をしつこくかけてくるのには、以下の理由があります。

不動産会社から営業電話が殺到する理由

無料で利用できる不動産の一括査定は、不動産会社にとっては有料営業ツールのひとつです。一般的には、不動産会社が掲載料を支払って、一括査定サイトに会社情報を掲載しています。そのため、実際に不動産の売却が成立して仲介手数料を得られなければ、費用対効果も上がりません。不動産会社は少しでも成果を出すためにも、営業電話をかけ続けてお客様とのつながりを維持したうえで契約につなげたいと考えているのです。

しつこい営業電話がかかってくる可能性があるとわかっていると、営業電話に対応するのが嫌で一括査定の利用を迷ってしまう人もいるかと思います。仕事中にもかかわらず不動産会社からの電話が鳴り止まないと、売却活動に嫌気がさしてしまうかもしれませんよね。そのような人は、以下の対処方法を試してみましょう。

しつこい営業電話への対処方法
事前にできる対処法 ・一括査定をお願いする不動産会社の数を2~3社に絞る
・査定依頼する際に電話に対応できる時間帯を指定しておく
・査定依頼する際に連絡方法を「メールでのやり取り」に指定する
電話を受けてから行う対処法 ・「忙しくて電話に出れないので」などの理由でメール連絡に変更してもらう
・「断りたい」と感じている場合は、ストレートに断りの電話を入れる
・曖昧な返答をせずに、ストレートに意見を伝える

このように、複数の不動産会社からの営業電話は、事前に連絡方法や連絡時間帯を指定しておくことで対処できます。うんざりしてしまう営業電話ですが、営業担当と直接話せるので保有している不動産の正確な査定価格を出せるという一面もあると覚えておきましょう。

【デメリット2】査定額が正しく出ない場合もある

不動産一括査定を利用したからといって、必ずしも正しい査定額が算出できるわけではありません。不動産会社はそれぞれの基準で不動産それぞれの査定額を算出しています。そのため、同じ状態の物件でも、不動産会社によって査定額が違うのです。

たとえばマンションを売りたい場合、一括査定では3,000万円の査定額が出る場合もあれば、2,500万円の査定額が出る場合もあります。ここまで金額差が出てしまうのには、以下のような理由があるのです。

正確な査定額が出ない理由

一括査定は、公的機関が発表している近年の路線価や取引データに加えて、査定をする不動産会社の過去の実例を元に算出されます。
具体的には、以下のような要素が判断基準に含まれています。

  • 国土交通省が公開している不動産情報ライブラリレインズで公開されているデータ
  • 環境や条件が類似している物件の成約価格
  • 周辺物件の売出価格
  • 不動産市場の現在の状態と今後の動向
  • 自社で独自に設けている査定基準や過去の実例

このように、国土交通省が公表しているデータだけでなく、不動産会社の過去取引の実例も判断基準となっています。そのため、不動産会社によって査定額が変動するのです。

上記の条件に加えて、不動産会社の得意・不得意も査定額に反映される場合もあります。このように、一括査定で調べられる査定額は、あくまでも過去のデータを参考にして算出されています。それぞれの不動産会社によって査定基準が違うからこそ「正しい査定額」を判断するのが難しくなってしまうのです。
曖昧な査定額ではなく、より実際の成約価格に近い正しい査定額を調べたい場合は、以下の対処法を試してみましょう。

正しい査定額を調べるための対処方法
査定額が出てからできる対処法 ・すべての不動産会社に対して、出してもらった査定額の根拠をたずねて、どのような基準で査定価格を算出したのかを明確にする
・実際の物件を訪問して査定してもらう

一括査定で調べられる査定価格は、あくまでも物件ごとの正しい査定価格を調べる前段階です。売却活動を続けていくなかで、さらに具体的な条件を定めて査定してもらうことで、より正しい査定額に近づけると覚えておきましょう。

【デメリット3】田舎の物件は査定してもらえない場合が多い

利用する一括査定サイトによっては、田舎にある物件は査定できない場合があります。一括査定を依頼したけれど「査定できません」という返答ばかりが届いてしまうと売却活動も進みませんよね。査定できるエリアが限られているのには、以下のような理由があります。

田舎の物件が査定できない理由

一戸建て・土地・マンションなどを一括査定してくれる「不動産一括査定サイト」では、提携している不動産会社のみに査定依頼をする仕組みになっています。そのため、一括査定サイトと提携していている不動産会社がある地域以外では査定してもらえません。

このように、査定依頼をしても不動産会社が担当している地域でなければ査定はしてもらえないのです。保有している不動産がある地域の物件を査定してくれる不動産会社を探すためには、以下の方法を試してみてください。

田舎の物件でも査定してもらうための対処方法
査定依頼をする際の対処法 ・全国展開している大手不動産会社が提携している一括査定サイトを利用する
・その地域に特化して営業している不動産会社が提携している一括査定サイトを利用する
・複数の一括査定サイトを利用して、より多くの不動産会社に査定依頼を出す

たとえば「全国展開している大手不動産会社を選べる一括査定サイトを利用する」「複数の一括査定サイトを掛け持ちで利用する」などの方法を使うと、田舎でも査定してくれる不動産会社に出会える可能性があります。

反対に「売却予定の不動産周辺に店舗を持っている不動産会社が提携している一括査定サイト」を選ぶと、確実にその物件の査定をしてもらえるのです。また、田舎の不動産売買の場合は、利用できる不動産会社も限られてしまいますよね。そのような人は、一括査定サイトを不動産会社を探すためのツールとして使ってみるのもおすすめですよ。

【デメリット4】仲介会社は探せるが買取会社を選ぶのが難しい

不動産一括査定サイトの多くは、買い手と売り手を繋げてくれる「仲介」をしている不動産会社と提携しています。そのため、不動産の「買取」に対応してくれる不動産会社を探すのは難しいのです。不動産売却において、多くの人が「買取」よりも高く売却できる「仲介」で不動産売却をしています。

しかし、すぐに不動産を売却して現金化したいと考えている人には、買取が向いている場合もあるのです。そのような人が、買取査定をしていない一括査定サイトを利用すると、時間を無駄にしてしまうかもしれません。
多くの一括査定サイトで「買取」に特化している不動産会社を探すのが難しい理由は以下の通りです。

一括査定サイトでは買取をしている不動産会社が探せない理由

一般的には、不動産の買取は仲介の売却価格より20%〜30%ほど安くなってしまう傾向があります。そのため、買取を選ぶ売り手も少ないので、買取対応している不動産会社も少ないのです。仲介と買取では以下のように査定基準も違うため、比較することができません。

  • 仲介査定の場合:売れる可能性がある価格が査定額になる
  • 買取査定の場合:確実に売れる価格が査定額になる

査定基準が違えば過去の成約実例も違います。多くの一括査定サイトでは、買取をしている不動産会社は検索できない場合がほとんどです。

このように、不動産売買において「仲介」と「買取」では査定額や基準が違います。そのため一括査定する方法も、買取に特化した一括査定サイトとそうでない一括査定サイトに分かれるのです。一括査定をする際に、買取価格も調べてみたいと感じている人は以下をご確認ください。

  • 買取してくれる不動産会社を探すための対処方法

  • 利用しようとしている一括査定サイトで「買取査定」に対応しているか事前に調べる
  • 提携不動産会社一覧から買取を行なっている不動産会社があるか調べる
  • 不動産の「買取」のみに特化している一括査定サイトを利用する

無料で利用できる多くの一括査定サイトでは、仲介取引を主に取り扱っています。不動産売却の方法として「買取」を検討している人は、買取取引だけに特化した一括査定サイトもあるので利用を検討してみましょう。

不動産一括査定のデメリットに適切に対処すると多くのメリットを得られる

不動産一括査定のデメリットに適切に対処すると多くのメリットを得られる

不動産一括査定には、しつこい営業電話を筆頭にさまざまなデメリットがある事を解説してきました。一括査定にはデメリットこそあるものの、不動産売却を検討している人のサポートをしてくれるメリットもあります。ここでは、不動産一括査定のメリット3つについてみていきましょう。

  • 不動産一括査定のメリット3つ

  • 一括査定することで、手軽に不動産売却を任せる不動産会社を選べられる
  • 一括査定の査定額をみることで、不動産会社ごとに違う売却相場を調べられる
  • 査定を通して、不動産売却の専門家に売却の相談ができる

不動産一括査定サイトの利用を判断するためにも、デメリットに対処することで得られるメリットについても解説していきます。

不動産売却を任せられる不動産会社を手軽に探せる

不動産一括査定の最大のメリットは、手軽に時間をかけずに複数の会社に査定依頼をしたうえで不動産会社を選べるという点です。本来であれば、不動産売却のサポートを依頼したい不動産会社を訪問し、話を聞いたうえで不動産会社を選ぶのが一般的です。

しかし一括査定を利用すれば、自宅にいながら複数の不動産会社に同時に査定依頼をしたうえで査定額を比較できます。そして、最終的に依頼したい不動産会社を手軽に選べるのです。

不動産会社を比較する時間を削減できる例

たとえば6社の不動産会社の査定額を比較したい場合、6回に時間をわけて不動産会社と相談しなければいけません。そのような場合、すべての会社に査定依頼を出すだけでも何時間もかかってしまいます。しかし一括査定の場合は、自宅にいながら不動産情報を入力するだけですべての作業が完了します。たった2分程度の時間で6社同時に査定依頼を出し、査定結果が届くのを待っているだけでいいのです。

このように、自分の足で不動産会社を渡り歩いて不動産会社を選ぼうとすると、時間も労力もかかってしまいます。不動産会社を訪問する時間や手間を削減して、効率よく不動産会社を選びたい人には、手軽に利用できる一括査定がおすすめです。

不動産会社ごとに変動する売却相場を比較できる

複数の不動産会社に査定依頼をすることで、さまざまな査定結果を比較して不動産の売却相場をイメージできます。複数の不動産会社に対して、共通の「売却したい物件の状態」を伝えて査定額を算出してもらうのが一括査定の流れです。そのため、不動産会社は同じ条件に対してそれぞれの査定額を提示してきます。同じ条件をもとに算出された査定額を比較すると、その物件自体の査定額の平均相場が導き出せるのです。

もちろん、【デメリット2】査定額が正しく出ない場合もあるで解説したように、必ずしも同じ査定額になるわけではありません。しかし、最低〇〇万円〜最高〇〇万円というような売却相場の目安をつけることが可能になるのです。複数の査定額を比較し売却相場がわかれば、極端に低すぎる価格で保有している物件を売却してしまうような間違いを避けることもできます。

なお、一括査定を依頼する前に自身でエリアやマンションごとの相場を調べることができるサイトもあるので、事前にそちらで確認してみることもおすすめします。



売買価格相場・賃料相場情報をお届け

 

専門家が売却の相談を受けてくれる場合もある

相場を調べられるのが一括査定の大きな特徴ですが、売り手のニーズにあった不動産会社に相談できるというメリットもあります。たとえば、不動産査定を依頼した不動産会社が、やり取りのなかで以下のような悩みや疑問に応えてくれる場合もあるのです。

  • 不動産会社が相談に乗ってくれるケース

  • 不動産売却にかかる費用
  • 不動産売却後に発生する税金
  • より高く売却するためのコツ
  • 離婚や遺産相続などで不動産売却する場合の知識

不動産売却の専門家である不動産会社に相談することで、より効率的に不動産売却を進めていけるでしょう。不動産会社によっては、相談内容を把握したうえで適切な売却プランを提示してくれる場合もあります。売り手の悩みや疑問に対して、親身に対応してくれる不動産会社を選ぶのがおすすめです。

デメリットに対処して自分にあった不動産一括査定サイトを選ぶのが重要

デメリットに対処して自分にあった不動産一括査定サイトを選ぶのが重要

不動産一括査定は、デメリットに適切に対処すればメリットを得られるので、積極的に利用したいと思っている人も多いのではないでしょうか。ですが、実際にインターネットで「不動産 一括査定サイト」と検索してみるとたくさんの不動産一括査定サイトが表示されてしまいます。

数が多すぎて、どの一括査定サイトを選んだらいいのかわからなくなってしまいますよね。一括査定サイトを効率良く利用するためにも、たくさんの一括査定サイトの中から自分の求めている条件に適したものを選ぶことが重要です。

たとえば、以下のように自分が満たしたいニーズを基準に選ぶのがおすすめです。

  • 人それぞれの満たしたいニーズ

  • 匿名で一括査定をお願いしたい
  • 田舎の物件を査定してもらいたい
  • 売却物件を全国にアピールして買い手を探したい
  • 可能な限り高額で現金化するための方法を知りたい
  • すぐに売却して現金化したい

上記をみてもわかるように、不動産の売却方法や、保有している不動産を売却して得たい結果は人それぞれ違います。たとえば、物件によっては全国展開している不動産会社を選ぶべき場合と、限定されたエリアを得意としている不動産会社を選ぶべき場合があります。

適切な一括査定サイトを選べなければ、売却したい物件を適切に査定してくれる不動産会社に出会うまでに時間がかかってしまうかもしれません。まずは適切にデメリットに対処できるようになり、自分にあった一括査定サイトを探せるようにしていきましょう。



 

自分にあった不動産一括査定サイトを選ぶ際にチェックしたいポイント

自分にあった不動産一括査定サイトを選ぶ際にチェックしたいポイント

自分の条件にあった一括査定サイトを選ぶためには、以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • 査定対応しているエリアの対応範囲
  • 提携している不動産会社の数
  • サポート体制
  • 口コミ

どのようなポイント見ながら一括査定サイトを選ぶべきなのかを把握して、求めている条件と比較してみてください。自分にあった一括査定サイトを選ぶ際に、チェックしておきたいポイントについて解説していきます。

対応しているエリアの対応範囲

一括査定サイトを使う際に最初に確認しておきたいのが、査定に対応しているエリアの対応範囲です。 【デメリット3】田舎の物件は査定してもらえない場合が多いで解説したように、不動産会社によっては査定してもらえない地域もあります。そのため利用する一括査定サイトが、どのエリアまで対応しているのかを事前に確認したうえで一括査定をするようにましょう。

たとえば首都圏で不動産を売却したい人は、首都圏や主要都市などに特化している一括査定サイトを選ぶべきです。逆に、地方や田舎で保有している不動産の売却を考えている人は、幅広いエリアで査定ができる一括査定サイトを利用しましょう。

提携している不動産会社の数

一括査定サイトを選ぶ際には、その一括査定サイトと提携している不動産会社の数を確認しましょう。提携不動産会社の数が多い一括査定サイトほど、全国幅広いエリアに対応しています。提携不動産会社の数によって、査定可能な対応エリアが以下のように変わる傾向があるのです。

提携社数2,000社以上 全国に対応しており、地方や田舎の物件にも対応できる場合が多い
提携社数1,000社以上 全国に対応しており、主に都心の物件に強く田舎の物件には対応できない場合が多い
提携社数300社~1,000社 全国に対応してはいるが、限定されたエリアもしくは、都心の物件に強い場合が多い
提携社数6社~30社 大手不動産会社や、厳選された不動産会社のみで対応している

査定をしてくれる不動産会社の数が多いほど、自分と相性の良い不動産会社探しが可能になります。もちろん、上にあるように「厳選された信頼できる不動産会社のみに一括査定をする」という方法を選ぶのもひとつの方法です。

  • 少数の信頼度の高い不動産会社を選ぶべきか
  • 数多くの不動産会社から自分と相性の良い不動産会社を選ぶべきか

などを見極めるためにも、一括査定サイトで提携している不動産会社の数にも着目しておきましょう。

活用できるサポート体制

不動産会社とのマッチングだけではなく、売り手の悩みを解決するためにどのようなサポート体制を組んでいるのかも重要なポイントです。

たとえば、以下のようなサポートを利用できる場合もあります。

  • 一括査定サイトで利用できるサポート内容の例

  • 不動産売却に関する悩みや疑問を「対面面談」や「メール相談」できる
  • 査定をお願いした不動産会社への「断り連絡」を代行してくれる
  • 一括査定後のアドバイス

上記のようなサポートをしてくれる一括査定サイトであれば、より安心して不動産の売却活動を進めていけますよね。利用する一括査定サイト選びで悩んでいる人は、不動産会社の数や質だけではなく、サポート体制も判断基準にするのがおすすめです。

実際に一括査定サイトを利用した人の口コミ

一括査定サイトを選ぶうえで、不動産会社と一括査定サイトの質だけではなく、実際にサービスを利用したことがある人の口コミも大切です。なぜなら、利用者の感想や口コミをみることで、どのような人がその一括査定サイトを利用しているのかがイメージできるからです。

たとえば、口コミをみることで以下のようなことがわかります。

口コミ内容の例 わかること
営業の人が親切だった 迷惑な営業電話などもなく、信頼できる営業担当がいる
査定金額について詳しく教えてくれた 査定金額に対して明確な根拠を提示できる不動産会社なので、信頼できる
不動産会社選びがスムーズにできた 一括査定サイト上で掲載されている不動産会社情報が明確になっており、複数社を比較しやすいので、不動産会社選びがしやすい
不動産売却について学べた 不動産会社と売り手のマッチングだけではなく、コラムやQ&Aなどのさまざまなサポート体制で不動産売却の知識を学べるので、初めての不動産売却でも安心できる

紹介した口コミはあくまでも一例ですが、このように利用者の口コミからその一括査定サイトの質が自然とわかるかと思います。もちろん口コミ情報をすべて鵜呑みにする必要はありませんが、一括査定サイトについて理解するための参考に調べてみるのがおすすめです。

一括査定サイトの利用に迷うなら不動産会社ごとに査定を依頼しよう

一括査定サイトの利用に迷うなら不動産会社ごとに査定を依頼しよう

不動産一括査定のデメリットとメリットについて解説してきましたが、「対処方法も理解できたけれど、まだ懸念点が払拭できない」と感じる人もいるかと思います。漠然とした不安で不動産査定を悩んでいると、その間に売却相場が変動してしまい、売却価格が下がり損をしてしまうかもしれません。

そのような不安を感じている人は、無理して一括査定サイトを利用するのではなく、不動産会社に個別査定依頼をするのがおすすめです。

  • 個別の査定依頼で得られるメリット

  • 直接対面で不動産売却に関する相談ができる
  • 不動産売却に関する悩みや不安にも親身になって相談に乗ってくれる
  • 一括査定サイトとは提携していない不動産会社を選べる

一括査定サイトを利用する場合は、インターネットを介したやり取りで不動産会社や営業担当者の顔が見えていないので不安を感じがちですよね。しかし不動産会社に個別で相談する場合は、直接不動産会社を訪れて査定依頼するため、より安心・納得して不動産売却をすすめていけるのです。

個別で不動産会社に依頼する場合も査定額の比較が重要

もちろん、一社だけに個別査定依頼をして不動産の売却をすすめることも可能です。しかし「高く売却したい」「損したくない」と考えている人は、必ず複数の不動産会社から査定を集めて価格を比較する必要があります。

なぜなら、複数の査定額を比較しなければ保有している不動産の売却相場が計算できないからです。手間と時間がかかるけれど個別に不動産会社に依頼したい場合は、複数の不動産会社それぞれに査定依頼を自分で出すようにしましょう。

安心して不動産の売却査定をするなら「ピタットハウス」がおすすめ

安心して不動産の売却査定をするなら「ピタットハウス」がおすすめ

不動産会社に個別査定を依頼したい人は、当メディア「クラモア」を運営しているスターツグループのひとつである「ピタットハウス」がおすすめです。ピタットハウスは、全国に650店舗のネットワークをひろげて不動産売買のサポートをしています。

借り手への賃貸物件提供だけではなく、さまざまなサポート内容で不動産売却のサポートしているので安心して売却活動ができるのです。

  • ピタットハウスがおすすめの理由3つ

  • オークション入札方式・新しい不動産への買い替えサポート・売却と賃貸W査定などのさまざまな売却プランを提供
  • 全国650店舗のネットワークで集客できる
  • 「住まいあんしんプラス」で売却後のトラブルを保証できる

多彩な不動産売却メニューで不動産売却の可能性を広げられる

ピタットハウスでは、通常の売却方法以外にも多種多様な売却プランを提供しています。「持っている不動産を売却したい」といっても、その理由は人それぞれ違いますよね。売り手それぞれが抱えている要望を満たすためにも、以下のような売却プランを提供しています。

ピタットハウスの売却プラン
マイホームオークション 期日入札方式のオークションで、より高い価格で売却できる
スイッチ45 45日以内に売却できない場合はピタットハウスが買い取ってくれる買取保証付き売却プラン
買取保障付き売却 45日以内に売却できない場合でも買取が保証されている
売却・賃貸どっちも査定 売却するべきか、賃貸にするべきかを適切に査定できる
買い替え支援 マンションを売却した資金で買い替えすることで割引を適用
リースバック マンションを売却したあと、そのまま賃貸物件として住み続けられる
スターツワン 安心して売却するためのクリーニングや設備点検を提供

不動産売却をしたい人のなかには、すぐに現金化したい人もいれば、売却後の住む場所に対する不安を感じているような人もいます。そのようなお客様1人ひとりが満足できるように、さまざまな売却プランで不動産売却をサポートしているのです。

全国ネットワークの集客力で確実に不動産を売却できる

ピタットハウスでは、全国に展開している650店舗のネットワークを活かして集客活動が可能です。ピタットハウス公式サイトでは、日本全国で取引されている取引実例をご覧いただけます。全国からアクセスできる公式サイトでは、豊富な物件写真や動画だけではなく、物件周辺の地域情報も紹介されているのです。大手情報サイトとも提携して物件情報などを発信しており、全国のお客様がピタットハウス公式サイトにアクセスします。

そのため、地方の不動産会社で保有している物件を売り出すよりも多くの売却チャンスを狙えます。利用者が少ない不動産売却サイトなどを使ってしまうと、せっかくの売却チャンスを逃してしまうかもしれません。少しでも売却できる可能性をあげるためにも、全国ネットワークで集客できるピタットハウスをご利用ください。

売却後のトラブルを回避できる保証制度「住まいあんしんプラス」

せっかく保有していた物件が売却できたにもかかわらず、売却後に物件の欠陥や損傷がみつかることで買い手と揉めてしまう場合もあります。そのような売却後のトラブルを回避するために提供しているのが、戸建てやマンションの設備を検査保証する「住まいあんしんプラス」です。

住まいあんしんプラスの保証内容
保証条件 入居歴がある、もしくは新築の工事完了から2年経過した物件
保証期間 買い手への引渡日から1年間
保証内容 設備保証:1作業あたり10万円(税別)
雨漏りや給排水溝の修復:上限200万円(税別)
木部腐食の修復:上限200万円(税別)※一階建て木造住宅のみ
シロアリ保証:上限50万円(税別)※追加オプション

※一戸建ての場合、築25年以内、マンションの場合築30年以内の物件が対象となる

出典: ピタットハウス|住まいあんしんプラス

不動産売却後に欠陥が見つかってしまうと、買い手から別途修復費を請求されてしまいます。せっかく売りたかった物件が売却できたのに、修復費やトラブルに対する違約金などの出費が必要になってしまうと元も子もありませんよね。とくに築年数が25年以上を経過している古い物件の場合は注意が必要です。

売却後にトラブルになりやすい、設備機器の不具合に対処できる保証を付帯することで、より安心して不動産の売却活動をすすめていけます。不動産の一括査定は、売却前のサポートだけでなく売却後のトラブル回避まで丁寧にサポートできる、ピタットハウスにご依頼ください。

まとめ

この記事では、売却したい不動産を一括査定するデメリットとその対処法について解説してきました。不動産一括査定には、以下の4つのデメリットがあります。

  • 不動産一括査定のデメリット

  • 複数の不動産会社から営業電話がしつこくかかってくる
  • 査定額が正しくない場合もある
  • 地方や田舎の物件は査定してくれない場合がある
  • 不動産をすぐに売却できる「買取」をしてくれる不動産会社を探すのは難しい

上記のようなデメリットがある不動産一括査定ですが、この記事で紹介した対処法を覚えておけば、適切に対処できるようになります。さらに、優良な一括査定サイトを探すために以下のポイントを意識してみてください。

  • 対応エリアの広い一括査定サイトを選ぶ
  • 提携している不動産会社の数が多い一括査定サイトを選ぶ
  • 不動産売却に活かせるサポート体制がある一括査定サイトを選ぶ
  • 実際の利用者の口コミを参考にする

デメリットを軽減できれば、一括査定サイトを活用して効率よく保有している不動産の売却をすすめていけます。

この記事で解説してきた対処法やポイントを参考に、効率よく不動産売却を進めていってくださいね。
 



あなたの不動産、今いくらで売れる?

無料査定スタート!

※2021/4/1~2022/3/31お客様アンケート集計結果

物件種別を選択してください

step1

査定したい不動産の物件種別を選択

step2

郵便番号または都道府県から査定物件のエリアを指定

郵便番号

住所自動検索

エリアを選択してください

ご住所

大変申し訳ございません。
対応エリア外のため査定できません。

複数社からのしつこい電話営業はありません!

対象エリア:東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県

※エリア内でも、ケースによってお取り扱いできない場合があります。

あわせて読みたい

マンション売却の7つの注意点とは?初心者が失敗しないためのコツ

マンション売却の7つの注意点とは?初心者が失敗しないためのコツ

マンション売却の流れ10ステップとは?初心者さんにわかりやすく解説

マンション売却の流れ10ステップとは?初心者さんにわかりやすく解説

マンション売却にかかる期間は?平均目安と長期化したときの打開策

マンション売却にかかる期間は?平均目安と長期化したときの打開策

住み替えローンとは?審査を受ける前に知っておくべき基礎知識

住み替えローンとは?審査を受ける前に知っておくべき基礎知識

よくある質問

この記事をシェアする

お部屋を探す

特集から記事を探す

タグから記事を探す

おすすめ記事

物件をご所有されている方、
お住まいをお探しの方

買いたい

購入物件相談

借りたい

賃貸相談

希望条件にあった物件をご紹介します

おすすめ記事

物件をご所有されている方、
お住まいをお探しの方

買いたい

購入物件相談

借りたい

賃貸相談

希望条件にあった物件をご紹介します