クラモア

3LDKの間取りなら可能性と選択肢が広がる!どんな人におすすめかも紹介

更新日:2021.09.27

3LDKの間取りなら可能性と選択肢が広がる!どんな人におすすめかも紹介

夫婦や家族で引っ越しを行う際、現在の住居よりもっと快適に過ごしたいと考えている方は多いでしょう。そんなときに気になるのが間取りです。「3LDK」の間取りなら部屋数が複数あるため、子ども用の部屋を設けたり、趣味や仕事用の部屋を作ったりと選択肢が広がります。今回は3LDKの間取りとそのメリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

Index

  1. 3LDKの間取りについて解説

    1. 部屋が3つ用意されている間取り

    2. 3DKとはどのような部分が違うのか?

    3. 2LDKとはどのような部分が違うのか?

  2. 3LDKに向いている人と家族構成

    1. 3LDKに向いているのは小さい子どもがいる家庭

    2. 3LDKに適しているのは3~4人家族

    3. 一人・二人暮らしでも収入に余裕があれば3LDKはおすすめ

    4. 祖父母と一緒に暮らす場合

  3. 3LDKの間取りにはどのようなメリットがある?

    1. 3LDKのメリット

    2. 3LDKのデメリット

  4. 3LDKの間取りに住むときの注意点について

    1. 子どもが増える予定があるなら賃貸のほうが良い場合も

    2. 事前に家事動線を意識した間取りを検討する

    3. 各部屋の使用用途を明確にする

    4. 将来的にリフォームも検討する

  5. 自由度の高い3LDKの間取りで快適な暮らしを

  • 3LDKはリビング・ダイニング・キッチン以外にも3部屋がある間取りのこと
  • 3LDKは3~4人家族におすすめ
  • 3LDKならさまざまな用途の部屋を設けられて、収納スペースも確保しやすい


 

住居の部屋の数が多ければ、仕事用、趣味用、就寝用などに分けて、快適に利用することができます。もしある程度の部屋数がある住居への引越しを検討されている場合は、「3LDK」の間取りがおすすめです。家族で暮らす際にも、3LDKなら窮屈さを感じることは少ないでしょう。部屋が多ければ用途別に利用できるのはもちろん、自分だけの空間を確保するのにも便利です。

今回は3LDKの特徴やメリット、どんな人に向いているのかなど紹介していきます。

3LDKの間取りについて解説

新婚で同棲を始めるときや家族で引越しを考えているとき、できるだけ部屋数が多い物件に住みたいと考える方も多いでしょう。そんな人たちにおすすめなのが「3LDK」の間取りです。まずは3LDKがどのような間取りなのか見ていきましょう。

部屋が3つ用意されている間取り

3LDKとは、リビング(L)・ダイニング(D)・キッチン(K)以外にも3つの部屋がある間取りを指します。部屋数が多いため、収納場所や趣味スペースを確保しやすいなど、選択肢を広げられる点は大きなメリットと言えます。

リビング・ダイニング・キッチンについては、とくに仕切りが設けられている訳ではないのが特徴です。仕切りがないからこそ、広い印象のあるLDK部分となっています。物件の広告などでLDKの表示を使用する際には、部屋数に応じて十分な広さや機能性を持っているのであれば、3LDKとして表示してもよいと定められています。例えば、2部屋以上ある場合は、LDKの最低必要な広さの目安として10畳以上が基準です。

出典:不動産公正取引協議会連合会「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」

3DKとはどのような部分が違うのか?

3LDKと比較して参考にされるのが「3DK」です。3DKとは、ダイニング・キッチン以外にも、3つの部屋が設けられている間取りのことを指しています。ダイニングとリビングが続いており、広い印象を与える間取りになっているのが特徴です。3LDKのほうが広そうなイメージもありますが、物件によっては3DKのほうが延床面積が広い場合もあります。

2LDKとはどのような部分が違うのか?

「LDK」の前にある数字が示すように、LDK部分以外に2部屋がある間取りです。リビング・ダイニング・キッチンがひと続きなのは共通していますが、3LDKの場合はそれ以外に3部屋あるという点で異なります。



 

3LDKに向いている人と家族構成

3LDKに向いている人と家族構成

3LDKの部屋は、具体的にどのような人に向いている間取りなのでしょうか。向いている家族構成とともに紹介していきます。

3LDKに向いているのは小さい子どもがいる家庭

小学生ほどの子どもがいる家庭に3LDKはおすすめです。子ども部屋を設けることで、勉強にも一人で集中できる環境がつくれるでしょう。

ほかにも、定期的に友人や知人を招く機会が多い夫婦にも、3LDKはおすすめです。リビング・ダイニング・キッチンがひと続きになっているので広いスペースがあり、友人が泊まれる部屋も確保しやすいです。

3LDKに適しているのは3~4人家族

3LDKの間取りでおすすめしたい家族構成としては、夫婦と子どもの3~4人家族です。子どもが二人の場合は、3部屋のうち2部屋を子ども部屋にしても、1部屋は夫婦の寝室として確保できます。子どもが一人の場合は、1部屋を趣味の部屋や書斎として活用するのもよいでしょう。書斎は広くない部屋を選んでも、物が少なければ快適に利用できます。

一人・二人暮らしでも収入に余裕があれば3LDKはおすすめ

収入に余裕があれば、3LDKの物件で一人・二人暮らしするのもおすすめです。3LDKの広い空間を自由に使えるメリットがあり、仕事用の部屋を設ければ、リモートワークにも移行しやすいでしょう。ほかにも空いた部屋をゲストルームとして活用するなど、使用用途を明確にすれば、持て余すことなく快適に3LDKで暮らせます。

祖父母と一緒に暮らす場合

子どもが大きくなり家を離れた後でも、3LDKの間取りであれば、祖父母(両親)と一緒に暮らすこともできます。将来的に祖父母と暮らすことを視野に入れている場合、老後のお世話も踏まえて、事前にバリアフリー設計や段差が少ない部屋を選ぶことも検討しておきましょう。

3LDKの間取りにはどのようなメリットがある?

3LDKの間取りにはどのようなメリットがある?

家族でも暮らしやすい3LDKの間取りですが、広さや部屋数によってさまざまなメリットがあります。反対にいくつか3LDKならではのデメリットもあるため、以下で解説していきます。

3LDKのメリット

①子ども部屋を設けられる

子どもが二人いる場合でも、一室は夫婦用にしながらも、それぞれに子ども用の部屋を与えることもできます。子ども部屋があれば、子どもが勉強に集中できるだけでなく、自分の時間を大切にすることもできます。

②広くて部屋数が多いのでさまざまな用途で利用できる

3部屋もあれば子ども部屋や書斎、クローゼットなどの役割をそれぞれに与えるなど、あらゆる用途に利用できます。またLDK部分が広く感じられるので、家族で一緒に過ごす時間を大切にしやすいのも特徴です。また、それだけの広さがあれば、友人・知人を定期的に招きやすいのもメリットと言えるでしょう。

③収納スペースが確保できる

部屋それぞれに収納スペースを確保すれば、かなりの数の物を収納できます。衣類や季節物はもちろん、布団やスーツケースなど場所をとる大きな物も収納できるため、物で溢れてしまうような状態を避けられます。部屋に余裕があるなら、1部屋を完全に収納スペースとして確保するのもおすすめです。

3LDKのデメリット

①部屋が多くて掃除の手間がかかる

キレイな部屋の状態を維持するためには、日頃の掃除が欠かせません。3LDKになると広いLDK部分に加えて3部屋あるため、忙しいときや疲れているときなど、掃除を手間と感じる場合があります。部屋の掃除は各自で行うルールにしたり、コードレス掃除機を活用して移動時のコンセントの抜き差しを省いたりと、対策を講じる必要があります。

②広くて部屋数が多い分費用がかかる

3LDKは広くて部屋数が多いという魅力がありますが、その分費用もかかります。家賃が高額になってくるのはもちろん、広くて部屋数が多いため水道光熱費も高くなりやすいです。夏場はエアコンを複数台同時に稼働させたり、3部屋ともに照明を点けたりと、とくに電気代が高くなる傾向にあります。

3LDKの間取りに住むときの注意点について

広くて便利な3LDKですが、いくつか気をつけたい注意点もあります。より快適な生活を送るためにも、次のことを留意しておきましょう。

子どもが増える予定があるなら賃貸のほうが良い場合も

3LDKの間取りでも、そこで暮らす人数が増えれば手狭に感じることも考えられます。子どもが今後増える予定があるなどの場合、購入するより賃貸の3LDKでまずは暮らしてみたほうがよいケースもあるでしょう。また、子どもの成長に伴って部屋が狭く感じることもあります。子どもが小さいうちは賃貸で暮らし、将来的に家族構成や子どもの年齢に合った間取りの物件を購入する選択肢も検討してみましょう。

事前に家事動線を意識した間取りを検討する

間取りの広さから3LDKを選ぶことも大切ですが、家事動線についてもしっかり検討しておく必要があります。洗濯物を干すベランダと、洗濯機の設置場所が離れていると、移動の手間から洗濯が面倒になってしまう恐れがあるでしょう。普段の生活を考慮したうえで間取りを選ぶことが肝心です。

各部屋の使用用途を明確にする

3LDKの部屋に住むなら、各部屋をどのように使用するのか事前に検討しておく必要があります。せっかくの3LDKも、上手く活用できなければ余分な部屋が出てきてしまい、掃除の手間だけが掛かってしまうなどのことになりかねません。収納スペースや書斎にするなどさまざまな使い道があるので、今後の生活をイメージして、各部屋の使用用途を明確にしておきましょう。

将来的にリフォームも検討する

子どもがいる家庭の場合、子どもが将来的に親元を離れ一人暮らしを始めることも考えられます。子どもが離れた後、3LDKの間取りでは部屋を持て余してしまい、使用されない部屋が出てくることもあります。そのような状況も視野に入れて、リフォームしやすい間取り設計にしておくことも検討してみましょう。

自由度の高い3LDKの間取りで快適な暮らしを

3LDKの間取りであれば十分なスペースと部屋数が確保できるので、家族で暮らす際にも快適に過ごすことができるでしょう。1~2人で暮らす場合にはさらに自由度が上がり、テレワークが推進される昨今、仕事をする環境も確保しやすいです。

ただし注意したいのが、部屋を持て余してしまう可能性もある点。3LDKにはたくさんのメリットがありますが、上手く活用できなければ宝の持ち腐れになってしまいます。今回の記事を参考に、3LDKの各部屋の使用用途や活用方法をぜひイメージしてみてください。また、具体的なイメージを持つために、実際の物件や間取りを見るのもおすすめです。まずはどんな物件があるのか見たいという方は、ぜひ以下よりお問い合わせください。



 


 

あわせて読みたい

分譲マンションで後悔したくない!「賃貸」との違いや新築・中古の探し方

分譲マンションで後悔したくない!「賃貸」との違いや新築・中古の探し方

子どもが4人いても“すっきりとシンプルに見える”部屋作り

子どもが4人いても“すっきりとシンプルに見える”部屋作り

家族で住むなら平屋の間取りも人気!賃貸か購入のどちらがよい?

家族で住むなら平屋の間取りも人気!賃貸か購入のどちらがよい?

家族向け・一人暮らし別にみる引っ越しにかかる総額

家族向け・一人暮らし別にみる引っ越しにかかる総額

この記事をシェアする

Search

住まいを探す

借りる

買う

Keywords

注目タグ

Category

カテゴリ

Life Scene

ライフシーン別記事

Keywords

注目タグ

住まい

住まい

住まいのお役立ち情報トップへ

暮らし

暮らし

暮らしのお役立ち情報トップへ

Ranking

人気記事

  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

Ranking

人気記事

週間
月間
  • line kuracier
  • Instagram kuracier
  • kuramore owner

サービスに関するお問合せ

  • お部屋探しに役立つ情報はありますか?
  • 物件探し(不動産購入・売却)について役立つ情報はありますか?